-

本日は為替相場というものの基礎的要素についての説明です。為替の市場というものは「自分が金の送付をしない場合でも金銭授受の趣旨をクリアすること」なのです。普段為替取引というものはほとんど国際の為替について表すというケースが多いです。外国為替を簡潔にいうと二国間の金の換金をする事です。他国へ旅行(イギリス、台湾、タイ、米国)など過去にしていれば、たぶん国際為替のやり取りの経験があると思います。近くの銀行に行って旅行先のお金と両替をしたならばそれこそが国際の為替にあたります。為替レートというのは、買いたいと思っている人と売りたいと思う人の金額を表示するものです。銀行同士のやり取りによって決まります。その銀行とはマーケットメイカーと言われている世界のいくつかの銀行なのです。為替レートはいろいろな力を受けても継続してみるみると変わります。相場を動かして行くきっかけとしては、ファンダメンタルズが挙げられます。ファンダメンタルズが示すのは経済の動き、経済の基礎やいろいろな要因のことを言うものです。経済の上昇や景気の状況、物価指数、金融政策、国際収支統計、失業率、有力者の一言などいくつかの要素が関係して為替相場は変動して行くのです。ことさら経常収支と失業者数は影響力が大きいです。国際収支統計とは何かと言うと、日本のいい方ですと財務省の指令で中央銀行(日本銀行)貿易統計を叩き台として書いた他国とのある日数のトレードを残したものです。経常収支は中央官庁や日本銀行のHPの中で確認できます。雇用統計、無臭業者数もチェックされるケースが多い項目と言われます。ことにアメリカの就業者の統計は重要視されます。月一で公示され検証ねらいが幅広いことが特色です。為替のレートの推移は経済活動の変動を示しています。国の経済の動向を見極めることによって為替のレートの状況の先読みができると言えるのです。